損をしない手段|一棟マンション投資で成功を掴み取ろう|天下無敵

一棟マンション投資で成功を掴み取ろう|天下無敵

男女
  1. ホーム
  2. 損をしない手段

損をしない手段

男性

サブリース業者を使う

リロケーション住宅については、物件が空室になることで利益につながらない可能性があります。元々は自分が生活をするために建てた物件を貸し出すことになりますので、自分好みに作られていて、賃貸物件に向いていない場合もあります。空室になったとしても残っている住宅ローンの返済をしていく必要はありますので、家賃保証や滞納保証のサービスを利用しておくことが大切です。リロケーションを行うときに、サブリース業者に依頼をすることで入居者が家賃を滞納したときや、入居者が決まらないときに家賃を支払ってもらうことができます。入居者が退去しない場合であっても、損害補償を行ってくれる業者がありますので、リロケーションサービスを安心して提供できるようになります。

転勤中に家賃が入る

リロケーションとは転勤や海外赴任をしなければならなくなったときに、留守の期間中に自分の住宅を他人に貸すサービスのことを指します。一定の期間を決めて住宅を賃貸に出して利益を得ることができる点が、リロケーションの人気の理由です。転勤中であったとしても住宅ローンの支払いは毎月発生しますので、転勤先で新たに住むことになる物件の家賃と、自分の住宅のローンとを二重に支払うとなると負担が大きくなります。リロケーションサービスを提供して他人に物件を貸すことで家賃収入を得ることができますので、住宅ローンの支払いに充てる費用を賄える方法として人気があります。住宅を売却しなくても良いですので、一定の期間が経過すれば元の住宅に戻ることが可能です。